1. サイト説明

  2. イメージ

  3. 運営会社

  4. 代表の想い

  1. 【ニーズ調査】目を保護しながらレーザースポットが分かる!遮光グラス NewtGoggle

  2. プレスの革命!SFP工法

  3. プラズマを可視化!プラズマインジケーター

  4. ナノ凹凸が反射を防ぐ!液晶技術を応用したフェイスシールド

  5. 木材の成分”リグニン”からプラスチックを作る!

  6. 木をプレスする!?圧縮木材

  7. 世界初の新技術!ポリッシャーでの鏡面めっき施工技術

  8. 熱対策部材としての「カーボン」の可能性

  9. 自己強化プラスチックSRP

  10. 絶縁コーティング_粉体を使った被膜で電送部品を保護する

  11. カーボンの超絶微細加工技術

  12. 黒じゃない!意匠性を上げる導電塗料

カーボン加工を追求

 トップの画像、紙を切り抜いた「切り絵」かと思った人も多いのではないでしょうか。

実はこれ、薄さ2mm程度のカーボン板を切り抜いたもの。

カーボン板は木の板のように、薄いと特に割れやすいため、切り抜く加工は特に難しいと言えます。その上でこの細かい絵柄。さぞかし手が込んでいるのだろうと思いきや…

加工時間、1枚当たり約5分!!

超高精度・高速加工のキモは独自の加工刃のようです。

図1の左のドット穴が開いているものは、直径0.5mmの穴を20列×20行の400個明けたもの。正確・ち密なこの加工も、30分でできてしまいます。最近はさらにレベルアップして、直径0.2mmの穴も連続加工できるとのこと。

 一番左のものは貫通した穴ですが、貫通しない”溝”状の加工もお手の物。穴深さも高精度に制御できます。

そのほかの活用事例

 1、ドローン用パーツ

 空を飛ぶドローンには軽量化が必要不可欠。カーボンでつくれば軽量・高強度のため、ドローンの活動の幅も広がります。

 2、ボルト・ねじをカーボンで

 なんとボルト・ネジも丸棒カーボンで作れちゃいます。

さいごに

不可能だと思ったら蕨山カーボンへ来てください

———これは会社資料の表紙に書いてあった言葉です。

私は本業でカーボンを扱っており、加工をお願いしたことがありますが、

とても丁寧な仕事と、その精度の高さに本当に感動しました。

カーボン加工で悩んでいる人などがいたら、ぜひ相談してみてください。

もっと見る

#カーボン #微細加工 #軽量 #高強度 #ドローン #ボルト #ねじ #穴

企業名
株式会社 共和製作所(Kyowa MFG Inc.)
代表取締役社長
河口 治也
所在地
〒476-0002 愛知県東海市名和町蕨山7番地の239
代表電話番号
052-603-3131
代表アドレス
info@kyowa-tokai.co.jp
資本金
1000万円